忍者ブログ
This blog is Written by ,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
このブログは株式会社トミーウォーカーの運営するPBW(プレイ・バイ・ウェブ)シルバーレインのキャラクター『叢雲・識』と彼女の姉妹たち、そして従妹による日記です。 このブログ内で使用されるイラストはシルバーレインの世界観を元に株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。イラストの使用権は作品を発注した叢雲・識、叢雲・律、叢雲・恋、叢雲・凛、草薙・哭に、著作権は作成を担当したイラストマスター様及びイラマス候補生様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
プロフィール
HN:
年齢:
35
性別:
非公開
誕生日:
1982/12/05
趣味:
お絵描き、音楽鑑賞、プログラミング、情報検索
自己紹介:
メッセアドレス:blue_swing@hotmail.co.jp
知り合い登録自由。
ブログ内検索
[PR]
[174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164]
12/15 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

後悔してる?
してないよ…自分で決めたことだから。

未練は無い?
…ちょっとだけ。

バカ。
………だよね。

継ぐよ。
ゴメン…ありがとう。

その電話は突然だった。

「―――はい、叢雲です」
『…識ネェ?』

その短いやり取りだけで、相手が誰なのか理解した。
自分をこう呼ぶのは、恋以外に1人しかいない。

『恋は』

リビングを振り返る。
ソファに腰掛けた恋は黙ってテレビを見ている。否、テレビに目を向けているだけだ。その視線は別の何処かに向けられている。
数日前から似たような状況が続いている。もっとも、部屋に閉じこもりきりの凛に比べれば幾分かマシだが。

「恋、電話だよ」
「出たくない」

何となく予想はしていたが、思ったとおりの答え。
軽く溜息を一つ。
識は恋の隣に座ると、その耳に子機を押し当てた。

『恋』

ピクリと、無意識に眉が反応する。

「・・・お前か」
『あたしだ。…酷い声。恋らしくない』
「五月蝿い。しょうがないだろ・・・聞いてないのか」
『聞いてる。…もう律ネェのケーキ、食べられないんだね』

思わず叫びそうになった。
堪えられたのは、髪を撫で続ける姉のお陰か。

「あぁそうだ・・・だから今はお前とお喋りしてる気分じゃ・・・!」
『大丈夫』

先ほどから変わらぬ抑揚の無い声。
なのにその言葉は、ひどく優しく聞こえた。

『私は此処にいるよ』
「ぁ・・・あ・・・?」
『今度、教えてよ。この力の使い方』
「哭・・・おい!」

話は終わりとでも言うかのように、唐突に通話は途切れた。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[04/26 哭]
[01/07 識]
[01/05 夢兎]
[12/04 夢兎]
[11/25 識]
カウンター

『APOLOGY』 copyrights©2000-2006 SOUND IMAGE♪. All right reserved. http://soundimage.aki.gs/